金魚の描き方 〜輪郭を描く〜

金魚 金魚 金魚

ボディに色を塗る

前のステップで描いた輪郭だけのボディに色を塗ります。
オートシェイプでは、簡単に綺麗なグラデーション表現ができます。

パーツを選択しグラデーションで塗りつぶす

塗りたいパーツを選択し、図形の書式設定から「塗りつぶし(グラデーション)を選択」。
すべてのセルを選択

濃淡で表現

今回は濃淡で3種類の赤を使います。
背中を一番濃い色で、お腹側にかけて色が薄くなるように塗ります。
すべてのセルを選択

他のパーツも色を塗る

頭とひれのパーツにも同じ要領で色を塗ります。
すべてのセルを選択

スポンサーリンク


目玉づくり

次は目玉のパーツ作り。
この金魚の目玉は、下の4つの丸いパーツを組み合わせて描いています。
すべてのセルを選択

目玉のパーツをグループ化

左側のパーツから順に重ねていけば、目玉の完成。
目玉はこれだけでグループ化しておくと、後の作業がしやすいですよ。
すべてのセルを選択

ボディと目玉を組み合わせる

ボディに目玉を組み合わせるとこんな感じ。
これだけでも立派な金魚ですね。
次のステップでは、よりクオリティを高めるため、ウロコ模様を作るためのテクスチャを作ります。
すべてのセルを選択

スポンサーリンク