金魚の描き方

金魚 金魚 金魚

図形を組み合わせて輪郭を描く

オートシェイプの図形を組み合わせて、イラストのもとになる輪郭を描きます。
基本図形は四角や丸などの単純なものしかありませんが、頂点編集をすることで複雑な絵を描くこともできます。

まずはオートシェイプのひし形から

「挿入」から図形を選び、ひし形を描画する。
すべてのセルを選択

図形の頂点を編集

描画した図形を選択し、「図形の編集」から頂点の編集を選んでクリック。
すべてのセルを選択

金魚の曲線ボディを描く

ひし形の角を落とし、曲線を活かして金魚のボディを描く。
へこませたい部分には図形の辺の上で右クリックし、「頂点の追加」で新たな頂点を付け足すことができます。
慣れないうちは思うように描けないかもしれませんが、上達すれば自在に使いこなせるようになります。
すべてのセルを選択

ボディの輪郭ができました

ボディはこんな感じになります。
すべてのセルを選択

スポンサーリンク


頭の部分を描く

今度は顔を描きます。
図形の中から三角形を選択し、頭の部分に描画します。
すべてのセルを選択

頭も頂点編集

ボディの時と同じように頂点編集で形を整えます。
すべてのセルを選択

顔が完成

顔の部分がかけました。
すべてのセルを選択

他のパーツも頂点編集で作る

同じ要領で、ひれと口も書き加えます。
下のようになれば、ひとまず輪郭は完成。
次のステップでは、パーツに色を付けます。
すべてのセルを選択

スポンサーリンク