金魚の描き方 〜ウロコ模様を付ける〜

金魚 金魚 金魚

ウロコ模様のテクスチャを作る

金魚は魚なのでウロコ模様があります。
ウロコを一枚一枚描いていたら大変だし綺麗にできないですよね。
そこで、パターン素材を作って、簡単に素早く綺麗なウロコ模様を描けるようにします。

ウロコ模様テクスチャ

オートシェイプでもとになる図形を描く

「挿入」の図形から角丸四角形を描画します。
すべてのセルを選択

塗りつぶし

「塗りつぶし(単色)」で白く塗りつぶします。
すべてのセルを選択

回転

図形の回転で45度回転させます。
すべてのセルを選択

WEBページとして保存

名前を付けて保存で、ファイルの種類を「WEBページ」にして保存します。
すべてのセルを選択

保存フォルダを確認

保存した場所を見ると、htmlファイルとともにフォルダができているはずです。
ここに画像が入っています。
すべてのセルを選択

出来上がったPNG画像を確認する

先ほどエクセルのシート上で描いた角丸のひし形が、PNG形式の画像として保存されているのを確認します。
すべてのセルを選択

セルを加工する

新たにエクセルシートを開き、下の画像のようにセルを加工します。
※わかりやすくするためにセルの罫線を黒くしています。
色は付けなくても大丈夫です。
すべてのセルを選択

スポンサードリンク

配置を「枠線に合わせる」に

「書式」の「配置」から「枠線に合わせる」を選択。
これで、画像の配置やサイズを罫線にずれなくぴったりと合わせることができます。
すべてのセルを選択

画像を読み込む

「挿入」から先ほど作ったPNG画像を読み込みます。
すべてのセルを選択

サイズと配置を調整

下の図のように罫線に合わせてサイズと配置を調整。
すべてのセルを選択

画像をコピーして配置

同じ画像を4つコピーし、図のように配置します。
すべてのセルを選択

画像をトリミング

外側の4枚の画像の上で右クリックし、「トリミング」を選択。
図のように罫線に合わせてトリミングします。
すべてのセルを選択

画像をグループ化する

外側の4つすべてをトリミングしたら、5枚の画像をグループ化。
先ほどと同じようにWEBページとして保存します。
作成されたフォルダの中にPNG形式でテクスチャ素材ができあがりました。
すべてのセルを選択

「ややこしい」という方はてっとり早く・・・

どうでしたか? テクスチャの作り方。
結構面倒くさいですよね。
下に出来上がったテクスチャがあるので、「自分で作るのはちょっと…」という方はぜひ使ってください。
画像の上で右クリック、「名前を付けて保存」で保存してください。
ウロコ模様テクスチャ

さあ、次のステップでは、作ったテクスチャを使ってみましょう。

スポンサーリンク