誰にでも簡単にできるイラスト(Excelアート)の描き方

Excelで絵を描く
Excelで絵を描く方法を解説

イラストを描いてみたいけれど、ソフトを使えないし絵心もないし・・・。

でも、あきらめることはありません!絵心や特別なソフトがなくても、デジタルで絵を描く方法があるんです。

それは、ご存知のPowerPointやExcelを使う方法。誰にでも簡単にイラストを描くことができます。

パソコンにマイクロソフトのWordやExcel、PowerPointがインストールされている方も多いのではないでしょうか。これらのソフトを活用し、デジタル絵を描いてみましょう。

マイクロソフトオフィスの図形(旧オートシェイプ)を使う

エクセルやワードは、文書や表だけでなく、「図形」という機能を使って図形を描くことができます。※以前は「オートシェイプ」と呼ばれていた機能です。

この機能を応用すれば、様々な図形のパーツを組み合わせて、複雑なイラストも描けるんです。

慣れればイラストレーターなどで描くのと遜色のない絵を描けるようになります!ぜひトライしてみてください。

最初はExcelがおすすめ

絵を描くことができるオフィスのアプリケーションは、表計算に特化したExcel、プレゼンテーションソフトのPowerPoint、文書作成が得意なWordの3種類があります。中でもExcelは、絵を描く領域を自在に設定できるので、初心者の方におすすめのソフトです。

このページでは、金魚のイラストを例に、Excelで絵を描く方法を紹介していきます。

Excelで金魚を描いてみよう

金魚の描き方
今回の題材は、こちらの金魚のイラストです

細かいウロコ模様も、「テクスチャ」という機能で別の画像を読み込めば簡単に表現できます。記事内では、もちろんテクスチャファイルの作り方も一緒に解説しています。(完成版の配布もあります)

Excelアートの制作ステップ

イラストの描き方

フリー素材