図形で輪郭を描く|金魚の描き方|Excelで絵を描こう!

図形で輪郭を描きます
Excelの図形で輪郭を描きます。

図形を組み合わせて輪郭を描く

複数の図形を組み合わせて、イラストのもとになる輪郭を描きます。

基本図形は四角や丸などの単純なものしかありませんが、頂点編集をすることで複雑な絵を描くこともできます。

使いやすいのはひし形

生き物のイラストを描く場合、「ひし形」が編集しやすくおすすめです。

挿入メニューから図形を選択し、ひし形を挿入しましょう。

メニューからひし形を選択
「挿入」>「図形」の中ほどの「基本図形」の中にあります。

図形の頂点を編集

描画した図形を選択し、「図形の編集」から頂点の編集を選んでクリック。

図形の頂点を編集
図形を選択した状態で頂点クリックを選択

金魚の曲線ボディを描く

ひし形の角を落とし、曲線を活かして金魚のボディを描きます。

頂点編集を選択すると出てくるバーをカーソルでドラッグ(マウスの左クリックを押したままカーソルを動かす)することで、丸みを帯びさせたり、逆に角ばらせたりすることができます。

頂点の点を選択してドラッグすることで、頂点そのものを動かすことも可能です。

頂点が足りない部分では、図形の辺の上で右クリックし、「頂点の追加」で新たな頂点を付け足しましょう。

ドラッグ操作で頂点を編集
頂点編集で出てきたバーを、ドラッグ操作で動かします。

慣れないうちは思うように描けないかもしれませんが、まずは操作に慣れることを優先しましょう。

失敗しても、元に戻すことも可能です(Ctrlキー + Zキーを同時に押す)ので、色々な操作を試してみることが大切です。

ボディの輪郭ができました

今回描く金魚の輪郭は、下の図のようになります。

金魚のボディの輪郭
金魚のボディはこんな形になりました。

頭の部分を描く

今度は顔を描いていきます。

図形の中から三角形を選択し、頭の部分に描画します。

三角形を挿入
三角形を挿入します。

ボディの時と同じように頂点編集で形を整えます。

頂点編集で頭の形を整える
頭の形を頂点編集で整えます。

顔の部分は下の図のようになりました。

顔の部分
顔まで付けるとこんな感じ。

他のパーツも頂点編集で作る

同じ要領で、ひれと口も書き加えます。

下のようになれば、ひとまず輪郭は完成。

輪郭が完成
輪郭をすべて描くとこんな感じになります。

色が付いていないと金魚の雰囲気が出ないですね。。

次のステップでは、パーツに色を付けていきましょう!

次のステップ

Excelアートの制作ステップ

関連記事

フリー素材