虎のイラストの描き方|オリジナル年賀状に最適【パワポでお絵描き】

PowerPointで描く虎のイラストパワポでお絵描き

こんにちは、ちいログです。無料イラスト素材サイト「ちいさないきもの」を運営しています。

もうすぐ年末ということで、来年の干支である虎のイラストを描いてみましょう。

今回使うのは、PowerPointです。図形機能を使ってイラストを描いていきます。

完成版はこちら。二頭身にデフォルメしてみました。

完成版の虎のイラストです。メッセージを入れたりできるよう、右のイラストにはフリップを持たせてみました。

図形の基本操作はパワーポイントで絵を描く方法で解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

顔の輪郭を描く

さっそく描いていきましょう。

まずは、PowerPointの「挿入」メニューから、「図形 > ひし形」を選択しましょう。

好きな場所にひし形を描きます。このひし形を頂点編集で変形させていきます。

ひし形を描きます。

ひし形の上で右クリックし、「頂点の編集」を選択します。

図形の上で右クリックし、「頂点の編集」を選択します。これで図形を好きな形に編集できます。

「頂点の編集」を選択すると出てくる「□―」のような形の部分を引っ張ると、図形の形を変えることができます。

下の図のように、おまんじゅうのような形に変形させましょう。

頂点の編集で、図形を丸く整えていきます。

図形の外側の線は、「図形の書式」メニューから「図形の枠線 > 太さ」で変えることができます。

図形の線の太さを変えます。

顔のパーツを描く

輪郭ができたら、顔のパーツを描いていきましょう。

目は「楕円」、鼻や耳は輪郭と同じように「ひし形」を変形、口とひげは「曲線」で描きます。

鼻と耳は「図形の書式」メニューの「図形の塗りつぶし」でピンク色に塗ります。

模様と体を描く

頭の模様も他と同じく「ひし形」の変形で描きます。鼻のパーツを変形させて描いてもいいでしょう縦のパーツに交差させるように横線を描きます。

体のパーツは、頭のパーツを変形させて描きました。手足は耳を変形させています。

パーツを描いたら、全身を黄色で塗りつぶしましょう。

完成

そのままでは猫っぽかったので、口の周りに白い模様を付けてアクセントにしました。

すべてのパーツを選択した状態で右クリックし「グループ化」を押しましょう。これですべてのパーツが組み合わさりました。

好きなポーズをさせて完成です。お疲れ様でした。

PowerPoint上のイラストを右クリックし、「図として保存」を選択すると、PNG形式の画像として書き出すことができます。

描いたイラストは、オリジナルの年賀状に使ったり、LINEスタンプにして販売したりしてみましょう。

今回描いたイラストもLINEスタンプとして販売してみました。

イラストをLINEスタンプにする方法は別の記事で詳しく解説しています。エクセルアートでLINEスタンプを作る方法【画像加工から販売まで】をご覧ください。

今回作成した虎のイラストは、フリー素材としても配布しています。以下ページよりダウンロードしてお使いください。

デフォルメしたキャラを描くのに慣れていない方は、以下のような本を一冊読んで練習してみるのが良いでしょう。

ミニキャラクターの描き分け ほんわか2.5/2/3頭身編

Amazonの電子書籍を利用する場合は、Kindle Unlimitedがおすすめです。
月額980円で対象の本が読み放題になります。詳しくはAmazonの本読み放題サービスでイラストの勉強がはかどる件をご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました